2018年09月01日

本山開導会を無事奉修  猛暑の中を2,600名参詣

本山・宥清寺の開導会が、去る7月15日、第1座に梅田日伯上人、第2座に講尊・日誠上人、第3座に講有・日良上人、第4座に講尊・日開上人を奉修導師にお迎えして厳修された。
当日は、京都市内でも最高気温38.7度を記録する猛暑の中であったが、本山信徒を始め当番参詣の第1・2支庁、そして全国からの団参者等、2,600名の参詣者で賑わった。
参詣の内訳は次の通り。
本山信徒 1,634名
当番支庁  776名
その他   45名
出座教務  145師
総  計 2,600名

第3座で宗門式典
なお、この日の第3座(奉修導師・講有上人)では、一座お看経の後、平成30年度宗門総回向料第1回奉納式並びに住職在位25年以上退任教務表彰が執り行われた。
◆平成30年度宗門総回向料 
第1回奉納式
37,211,500円  を木村総長が代表奉納
◆住職在位25年以上
 退任教務表彰
④経力寺 小山日秀師