2018年08月01日

第21世講有日勧上人の23回御忌 梅雨のなか晴天のお計らい 第2支庁 圓妙寺

去る6月17日、圓妙寺に於いて、佛立開導日扇聖人御正当会式、併せて佛立第21世講有・圓妙寺第6世住職・大僧正日勤上人の第23回御忌法要を、淨行寺御住職・吉井日之師の奉修御導師により奉修させていただきました。
 吉井日之師は、日勤上人の御講有時代、秘書部長のご奉公をいただき、大変お世話になりました御導師であります。また日勤上人にご縁の深い御導師方や布教区内外の多くの御教務・ご信者方、遠方よりご親戚の方々等、多数のご参詣を賜りました。
 当日は梅雨の最中にもかかわらず、素晴らしい晴天のお計らいをいただき、無事奉修させていただくことができました。
また、翌日の朝には、大阪北部地震が勃発し、電車などの交通機関はすべてストップ、電気・水道・ガス・電話等のインフラも一部ダウンという事態になり、多くの被害が出ておりますが、1日の違いで無事奉修のお計らいをいただくことができ、一同心より安堵いたしております。
 私共圓妙寺教講一同、未だ至らぬ者ばかりでございますが、これを機会に信心改良させていただき、日勤上人のお徳を損なうことのないよう、ご奉公に精進させていただく所存でございます。皆様方におかれましては、今後とも何卒宜しくご教導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。           合掌
(住職・御牧現要記)