2018年12月01日

晴天無事に講有巡教を奉修  教務・学徒増員誓願も果たす 第5支庁歓照寺

去る10月14日の当山高祖会に、18年ぶりとなる講有巡教の栄を賜りました。
 前日の夜中に目覚めましたら本降りの雨。それからは一睡もできず朝を迎えました。ところが、御講有ご夫妻お泊りのホテルにお迎えに向かう頃には小雨となり、ご案内してお寺に着く頃には何と陽が射してきました。
 東京房総布教区管内10ヵ寺から教務24師・ご信者175名のお参詣をいただき、本堂はいっぱい、寺内も207名のお参詣でした。ご供養の席も、寺内で足りずに隣の幼稚園の講堂をお借りでき、皆様に窮屈な思いをお掛けしましたが、お計らいをいただき対応させていただけました。
 特に、今般の講有巡教に向けて寺内役員の皆さんが、自発的に準備打合せ会を設け、布教区とも連携しながら、計6回の会合を持ちご奉公に万全を期してくださり、当日は布教区からの応援もいただき、無事に奉修できましたことに深く感銘しております。
 高祖ご降誕800年慶讃ご奉公の初年度ですが、教化誓願は当日までに12戸を成就させていただけ、教務・学徒増加1名の誓願も、三浦清照師の得度により成就いたしております。引き続き、慶讃ご奉公に励まさせていただきます。
 改めて、佛天のご加護と講有上人の御徳をいただき、晴天無事奉修させていただけましたこと、教講一同、心より随喜させていただいております。ありがとうございました。
(歓照寺住職・岡本日響)
(局長・豊田榮次)