御法門

令和4年 寒参詣 第3日目

令和4年 寒参詣 第3日目

第3日目
 
直入法華折伏宗
 
御教歌
田からでも あぜからでもと いふものゝ まことの道を ゆくにしくなし
 
御題 「十三抄云 折伏宗也なり」
 
大意 どの道を通っても行く先は同じという人がありますが、そうではありません。本当の目的地にたどり着くには、正しい道を進むのが一番です。御法門、お折伏で教えていただいたとおりを実践させていただく信心前に、上行所伝の御題目のご利益をいただくのですよ、とお教えの御教歌です。 御指南 「折伏宗と思ひしりたる人は 宗祖の御本意を習ふ人と謂ふべき也。田から、あぜからは、随他、かゝへ也。まことの道に非ず。」
(開化要談四・扇全十三巻一一八頁)