御法門

令和4年 寒参詣 第7日目

令和4年 寒参詣 第7日目

第7日目
謗法
 
御教歌
法花経も 余経もおなじ 仏説と いふがそしるの はじめ也けり
大意
私たちは、み仏を敬うが故に、仏の教えは皆正しいのでどの教えでも良いと思い込む浅はかな面があります。 しかし、それが誤りで、真の教えをすて我流に走る謗法のはじまりとなるのですから、くれぐれも用心せよ。とお訓しの御教歌です。
 
御指南
「王も人 民も人 親も人 子も人 師弟兄弟 四海兄弟といふは理也。王臣師弟親子の差別勝劣は事也。天下の政事も事にて治まる。理にて乱るゝをしるべし。」
(開化要談四・扇全十三巻一二九頁)