御法門

令和4年 寒参詣 第9日目

令和4年 寒参詣 第9日目

第9日目
 
無始已来
 
御教歌
たましひに はじめのなきを 無始といひ 生死を経しを このかたといふ
 
御題
「無始已来」 大意 魂は永遠不滅で、功徳も罪障も受け継がれてゆきます。このことを決して忘れず、事あるごとに御宝前へ誓い、命あるかぎり精一杯、信行ご奉公に気張らせていただくことが大事大切 とお示しの御教歌です。
 
御指南 「凡夫はしらず、心魂不死のこと」 (扇全十三巻二五三頁)