御法門

髙須日良上人(佛立第26世講有)

髙須日良上人(佛立第26世講有)

令和年10月13日(日) 本山宥清寺 髙祖会 第三座

【佛立開導日扇聖人 御教歌】
 吾祖師の みこヽろをしり 仕ふるを  まことの御弟子 旦那とぞいふ
【髙祖日蓮大士 御妙判】
「二十八年が間。又、佗事なし、只妙法蓮華経の七字五字を日本国の一切衆生の口に入れんとはげむ計り也。此れ即母の赤子の口に乳を入れんとはげむ慈悲也」
【髙祖日蓮大士 御妙判】
「我も唱へ佗をも勧んのみこそ、今生人界の思出なるべき」
【佛立開導日扇聖人お書き添え御指南】
 「高祖六老僧のたまはく、上行所伝の題目を弘むるより外、別の才覚無益也と 此則是経の御本意也と四五抄に云々」
【佛立開導日扇聖人 御指南】
「高祖の御本意とは、上行所伝の五字をわれも持ち、人にも持たしむるが御本意なり。利益を蒙るべきの第一これなり」云々