2021年11月01日

婦人会研修会をウェブで開催 松本裕歌さんより講演をいただく

去る9月5日、四国布教区(布教区長・小野山日鷲師)婦人会では、松山松風寺(住職・吉田日景師)を会場に、恒例の研修会を開催する予定でしたが、コロナ禍の影響もあって完全ウェブでの開催となりました。
9時30分より開会のお看経、続いて小野山布教区長のご挨拶をいただき、当番寺院として開会の導師をお勤めいただいた吉田日景師より、特別講師・松本裕歌さんの紹介を兼ねたご挨拶をいただきました。
講演に入る前には、四国のお寺を紹介する一言メッセージを各寺院よりいただきましたが、技術的な問題もあり、十分伝わらなかったことが反省材料です。
講師の松本裕歌さんには、法灯相続につながる家庭と個人の在り方などについて、とても分かりやすく軽妙な語り口で講演をしていただきました。四国布教区婦人会会長・飴矢千鶴子姉のお礼の言葉にあった、学んだことをどうこれから生かしていくのかが我々に問われるところです。
参加者は、ウェブでの参加も含めて、婦人会員110名、壮年会員25名、青年会員7名、くんげ会員11名、宗外者1名、他の布教区より3名、お教務方10師、都合により途中までの参加となった4名を加えると総勢171名の参加でした。