2021年04月01日

海外弘通だより 海外弘通を担う人材育成のため 海外弘通スクール第1回講義を開講

2月16日、海外弘通スクールの第1回講義が開講されました。
海外弘通スクールとは、欧米やアジアなどの英語圏、台湾から中国を含む中華圏などの今後のご弘通に資する人材を育成することを目的に設立された教室です。
海外弘通スクールを修了したスクール生を「海外弘通師(HBSコンダクター)」と認定し、10年後、20年後の海外弘通を想定しながらご奉公を推進しています。

弘通局海外部では、昨年より全国寺院へスクール生の募集を呼びかけ、スクール生12師、講師5師で第1期海外弘通スクールがスタートしました。
第1回目は、福岡日雙師による「海外弘通概論」の講義が行われ、宗務本庁にて3師、オンラインにて6師が受講。(欠席者は後日、動画で受講)講義では、佛立宗の教えと他国の文化習慣の共通点・接点の研究、佛立宗と他宗教の比較の研究などをしっかりと行い、どのように相手に教えと信心修行を伝えていくか、伝える力を身に付けていくことが大事であると学ばせていただきました。
また、講義中だけではなく、休憩中も生徒からは、海外での現証弘通や謗法払いなどについての活発な質問が飛び交い、あっという間に2時間半の講義が終了しました。
海外弘通スクールは、本年9月まで毎月1回、オンラインを中心に講義が開かれ、その後、「海外弘通体験演習」として実際に海外教区に足を運び、ご奉公体験をさせていただく予定です。
弘通局では、「今後ぜひ受講してみたい」という声が全国から集められるように、また海外弘通の担い手が1人でも多く誕生するように、魅力的で充実した講義づくりに努めてまいります。

【講義内容】
◆海外弘通概論、海外弘通宗義要綱、佛立翻訳用語講義
講師:福岡日雙師(イタリア・スリランカ教区長 香風寺)
◆海外弘通史
講師:長松清潤師(海外部長 妙深寺)
◆法華経講義、御妙判講義
講師:吉田日景師(弘通局長 松風寺)
◆比較宗義(宗教)学、佛立翻訳用語演習
講師:コレイア日友師(ブラジル隆昌寺)
◆外国語御法門演習、海外弘通体験講習
講師:長松清潤師(海外部長 妙深寺)
◆比較宗義(宗教)学
講師:ディリーパ良潤師(妙深寺 スリランカ コロンボ別院担当)