2018年05月01日

佛立教育専門学校の行事  平成29年度 卒業式 41期5師が第一線に 本山での行学二道精進終え

去る3月15日午前11時から、宗立・佛立教育専門学校の平成29年度卒業式が、本山宥清寺本堂で、講有日良上人導師のもと、厳かに挙行された。
当日は、木村日覚宗務総長、長谷川日堯学校長始め学校教職員、学生、父兄代表等の参列のもと、開式のお看経の中で無事卒業の御礼言上があり、続いて専門科卒業生4師に卒業証書が、普通科修了生1師と別科修了生4師に修了証が授与された。
引き続き、本山出仕の「本山勤行証」が授与され、大和良邦師が代表拝受。次に本山のお給仕ご奉公で、優秀な成績を修めた卒業生に「本山勤行皆勤賞」が授与され、野﨑隨遼師が代表拝受した。学校の授業では、2年間皆勤した学生に「授業皆勤賞」が授与され、松井真宏師が代表拝受した。
この後、御講有上人がご訓辞に立たれ「これから弘通の第一線に立つわけですが、諸君のご奉公を待ち望んでいる方が沢山おられるのです。そうしたご信者と正面から向かい合い、慈悲のお折伏をさせていただける佛立教務となることが大事」とお諭しいただいた。
続いて長谷川学校長の挨拶、木村宗務総長の祝辞、丸山日印理事長の祝辞、保護者を代表して髙須日因師から謝辞が述べられた後、卒業生と修了生に本山宥清寺、宗務本庁教務局、佛立青年教務会からそれぞれ記念品が贈呈された。
この後、在校生を代表して金澤廣善師から送辞が、これに応えて卒業生を代表して大和良邦師が答辞を述べられた。
最後に校歌斉唱、御講有上人をお囲みしての記念撮影で式典を終えた後、「京都ガーデンパレス」に会場を移し、2年間お世話になった方々を招いて、卒業生主催による謝恩会が催された。

29年度専門科卒業生
石田 淳尚師 ②清風寺
野﨑 隨遼師 ②本妙寺
松井 真宏師 ⑤乗泉寺
大和 良邦師 ⑩長薫寺

普通科修了生
石原 亮淳師 ⑤長福寺

別科修了生
田中 恒立師 ②本成寺
小野山現仕師 ①大津佛立寺
野本 信生師 ⑤乗泉寺
内田 承実師 ②日乗寺