2021年11月01日

佛立青年教務会の活動を報告します 顕証寺の信清御導師よりオンラインで講演を賜る

ありがとうございます。
佛立青年教務会では例年、お祖師さまの「竜の口の御法難」の時期に鎌倉顕証寺さまが開催されている「鎌倉結縁行列」に参加をさせていただき「羽ばたけ青教」にも寄稿しておりました。しかしコロナ禍の状況を鑑み今年は残念ながら不参加となってしまいました。
そこで信清宏章御導師に改めてお願いをさせていただき、第29期青教で今期より進めている「青教学舎」(注)の活動としてリモート形式で講演をしていただきました。青教内の活動ではありますがご報告をさせていただきます。
去る9月11日、顕証寺さまが結縁行列を終えられた後、お疲れの中、信清御導師にはお時間を設けていただき、竜の口の御法難を主たるテーマとしてオンラインにてご講演賜りました。
お話では「御法難が起きた歴史的な背景」や「竜の口の由来」など分かりやすく解説いただき、聴講者にクイズを出していただくなど楽しめるようご配慮いただきました。また講演の終わりには私どもの不躾な質問にも快くお答えいただき「結縁行列のきっかけ」や「お寺の現証談」まで聞かせいただき大変有難い経験となりました。
参加者は本部役員、支部長及び代理の会員含め8師が参加させていただきました。
今回は青教と顕証寺さまとのご縁により講演会が実現しましたが、今後もこうした講演型を含めた学びの機会を増やしていければと考えています。「青教学舎」はご信者方の目には触れないところでの活動ではありますが、各会員の進歩向上となるよう、また全国助行再開の際にはご奉公に生かせるよう精進して参ります。
ありがとうございます。

(注)「青教学舎」とは、全国助行の「行」に対し「学」の面を柱として各会員の研鑽を積ませていただこうと今期から始まった活動です。(2支・圓妙寺所属 御牧要昌)