2019年12月01日

晴天無事に奉修 教化成就のお計らいも 第6支庁甲信布教区 晨玉寺

去る10月6日、甲信布教区では小諸・晨玉寺に於いて講有巡教、高祖会が奉修されました。
 当山としては12年ぶりの講有巡教ですので不安がありました。小寺院ですのでご奉公者も少なく大丈夫だろうかと思いましたが、有難いことに本寺・本勝寺の応援のご奉公と布教区管内寺院の協力のもと、自坊寺院としても当日のご奉公者を募ることができました。
もうひとつの心配は天候でしたが、台風18号と19号のちょうど狭間で当日は晴天無事に奉修することができて、これも仏天のお計らいと御講有上人のお徳と随喜させていただきました。
 報恩ご奉公では、お教化が何よりも1番と思っておりましたが、なかなかできずにおりました。しかし、1週間前に個人教化ではありますが成就いたしました。これも講有巡教のお計らいと随喜いたしました。
 当日は、本庁随伴の広報局出版部長の前島日力師より高祖ご降誕800年慶讃ご奉公の推進の激励をいただき、最後に御講有上人の御法門を聴聞させていただきました。
「をしげなくわがおもはくを打ち捨てて 身を任すをば御弟子とぞいふ」との御教歌で、私共の智慧、分別を捨てて、御法にお任せしてご信心ご奉公に励む人こそ、お祖師さまの弟子旦那であり、ご守護をいただきご利益をいただくことのできる信者である、と御教導いただきました。
 参詣者は他寺院48名、地元は44名でした。