2021年01月01日

年頭のあいさつ 八〇〇(ハチマルマル)の三本の矢を心にとどめ 本年は各支庁布教区で慶讃法要

新年明けましておめでとうございます。宗内各寺院の法運隆昌、教講ご一同の身体壮健ご奉公成就を祈念申しあげます。また、宗内教講の皆様には本山初灯明料を毎年毎年、志厚くご奉納いただき心より随喜御礼申しあげます。
昨年は、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により、罹患された方々に謹んでお見舞い申し上げますとともに、1日も早いご快復を祈念致します。また、さまざまな苦悩に直面している世界中の佛立信者に対し、苦難を分かちそのご信心を励まして、共に終息を祈っています。
宗内においては、本門佛立宗第26世講有、本山宥清寺第67世住職日良上人におかれましては、去る令和2年7月、本山御宝前にて「ご再任式典」を厳修し、講有位及び本山住職位にお留まりになられました。全くその御高徳の御事に心より深く随喜いたします。
お互いは、開導聖人いまなお生きて在すの信心に住し、開導聖人の御身代りたるお敬いをもって克くその御意を体し、お給仕の誠を尽すよう心掛けねばなりません。宗門教講一同は、講有上人にお仕えし、心新たに異体同心を以ていよいよ妙法弘通に精進させていただきましょう。
講有上人には、益々法体御健勝のうえ、永くご慈訓、御慈教を垂れ給いますよう懇願する次第であります。
さて、本年は、高祖日蓮大士ご降誕800年慶讃「世にともしびを 人にやすらぎを 教化・法灯相続つづれ織り運動」の4年目です。講有上人の年頭のおことばにもございましたように、本年は各支庁布教区にて、慶讃法要が展開されていきます。
その勢いをもって、お互い佛立教講は宗門から放たれた「八〇〇(ハチマルマル)の三本の矢」を常に心にとどめ引続きご奉公に取り組み、次世代の佛立菩薩を育てお祖師さまにお喜びいただけるように、さらなる弘通広宣を目指すことが大恩報謝のご奉公となります。
私ども宗務本庁役員一同も、講有上人の年頭のおことばを体し、御法の御意にかなうよう、初心に立ち返りご奉公をさせていただきます。
どうぞ、宗内教講各位の絶大なるご支援、ご協力を心からお願い申しあげ、新年のご挨拶とさせていただきます。

令和3年元旦 本門佛立宗 宗務総長 小西日演