2017年11月01日

海外 第5支庁 清流寺主催の団参で 18名がロス正法教会とアラスカへ

去る8月19日より25日まで、八王子・清流寺主催のロサンゼルスアラスカ団参に参詣させていただきました。今回の団参は、米国本門佛立宗ロサンゼルス正法教会の三祖御会式と清流寺アラスカ親会場参詣が目的です。
 全国8ヵ寺から総勢18名のメンバーでした。清流寺さんからは小学生のご兄弟2名がお祖母さんと一緒に初めての海外団参です。少人数なので皆さんと、とても親密になることができました。
ロサンゼルス空港では先にお着きの妙福寺・松本現喬御住職、清流寺・長谷川日堯御住職、正法教会担任・田村泰明師や米国本門佛立宗の方々にお迎えをいただきましたが、入国審査に時間がかかり、皆さん首がだいぶ長くなっておりました。夕食はホテルで歯ごたえのある本場のステーキを満喫しました。暑い湿った日本から来ると涼しくて乾燥しているのでとても過ごしやすい感じです。
 翌20日はロサンゼルス正法教会の三祖会です。奉修導師は松本御住職です。英語と日本語併記のしおりが配られ『末法は無知なる故に心にて 出来ぬを所作でするが信心』の御教歌を日本語で、アンガス君の高校進学のご利益談を英語でご披露されてもよくわかるようになっていました。同時通訳より良く理解できると思いました。
ネクタイ・上着不要との事でとてもフレンドリーな御会式です。集合写真の後はテントを張った庭でバーベキューのご供養です。千野さんご夫妻の手作りカレーやご信者さんが釣ってきたマグロをあぶりにしたものなどいただきました。
そうこうしていると飛行機遅延で1日遅くなった大阪組の3名が到着、ようやく全員集合となりました。お疲れ様です。その場で台紙に貼った集合写真を配っていただき、観光地の写真屋さんより素晴らしかったです。小さな子供が多いのがとても楽しみです。
 翌21日にはアンカレッジに向けて移動です。観光シーズンで満席です。雨の中、ウッディ小林さんのお迎えをいただき、地震公園や水上飛行機、サケの遡上産卵場所等を見てホテルへ。夕食は地ビールを飲ませる最近できたバルで、キングサーモンのステーキを堪能しました。
 翌22日は一日、氷河クルーズです。朝は霧で曇っているようでしたが、小林さんの名ガイドを聞きながら船着場に着く頃はピーカンの晴天。5時間のクルーズ中、ほとんど雲もなく暖かでした。後で聞くと我々の行った氷河周辺だけ晴天で他は雲が出ていたとの事。両御導師のお徳をいただいて、ありがたいです。 
 翌23日の午後から親会場でお助行。清閑な住宅地に建つウッディ小林さん宅です。長いお看経の後、長谷川御導師の御法門『湯あみして顔やからだをあらひども 心を洗ふ人もなきかな』をいただきました。
そして小林さんから娘さん・ジャスミンちゃんのご利益談(平成24年4~5月号の佛立新聞に掲載)をお聞きして感動。必死のお助行でご利益をいただいたとの事です。そしてバーベキューのご供養、特にメンチカツについては奥様との裏話を伺いました。
ここでも額入りの集合写真をいただきました。日本から本当に遠い所で頑張っておられる方々との交流ができて本当に良かったと思っております。ありがとうございます。
(唱題寺・森秀樹記)