2021年04月01日

権大僧正日凰上人の御三回忌 念願の信徒会館も竣工 第5支庁 唱題寺

平成31年2月24日に御遷化された、唱題寺第3世・歓照寺第3世・妙蓮寺初代住職、権大僧正・信立院日凰上人御三回忌法要を、去る2月23日に奉修させていただきました。
当初、御三回忌ご法要は、門末寺院、布教区管内各寺院の教講の皆様にお参詣をいただいて、2月21日に予定していた門祖会に併せて奉修させていただこうと考えておりました。
しかし、昨年来の新型コロナウィルス感染拡大状況を鑑み、事務局内で十分に協議をした結果、少しでも多くの方にお参詣お焼香をいただきたいとの思いから、御会式奉修日を4月4日に変更して御三回忌を奉修させていただくこととし、2月23日は寺内信徒のお参詣にて三回忌ご法要を奉修させていただいた次第です。
本堂右側前方に御焼香台を荘厳し、先住御内室はじめ責任役員、事務局幹部、そしてご信者皆さんにお焼香をしていただきました。コロナ禍ではありましたが、先住御導師のご遺徳を偲ぶ多くのご信者さんにお参詣お焼香をしていただくことができました。
またこの日は、昨年8月より始まった『信徒会館』の建設工事も無事に完了し、2月16日の高祖大士御降誕日に建設会社より引き渡しが済んだ為、お参詣の皆さんに新しくなった信徒会館をご覧いただくことができました。
なお、4月の門祖会に併せ日凰上人御三回忌並びに信徒会館落成式を執行させていただく予定で、その際、詳しくご披露をさせていただきます。