2020年08月01日

佛立青年教務会の活動を報告します。  コロナ禍で全国助行休止中 過去の加行者の話を伺う 全国助行は多くのことを学べる貴重なご奉公の場  第3支庁 妙典寺 近藤清温

第27期の佛立青年教務会では「つなぐ。青教」というテーマのもと、ご信者方とつながりを持たせていただくご奉公を目標にして2年間、活動をさせていただきました。その中で私は本部役員のお役をいただき、任期2年の間に様々な経験をさせていただきました。
今回は、平成31年3月13~15日に実施された第10支部の全国助行を振り返ってみたいと思います。
初日は宣薫寺、2日目は長薫寺西部別院、信薫寺、八代寺への参詣をさせていただきました。また、2日目・3日目は長薫寺様の朝参詣に参詣をさせていただくことができ、本堂一杯にご信者が参詣されていて大変驚きました。まるで、御大会に参詣をさせていただいたような気分でした。
この中で、今でも忘れられない事を一つ述べさせていただきます。2日目の信薫寺では、男子高校生も参詣していました。彼は「青年教務の皆さんが来てくださると聞いて、楽しみにしてお寺に来ました」と話されました。
高校生ぐらいの年頃はお寺から遠ざかってしまう人が多いのに、自主的に楽しみな気持ちで参詣される姿に驚きました。しかも彼は高校の友人も誘って参詣をされていました。全国助行という機会に、彼の信心増進と友人の下種結縁の一助となる御縁をいただけた事、本当に嬉しく思います。
第10支部で受入れいただいた寺院、御住職様、ご信者様には大変お世話になりました。ありがとうございました。
最後に、青教全国助行は会員同士の繋がりと、様々な寺院で頑張っておられるご信者からたくさんの事を学ばせていただける貴重なご奉公です。28期の活動においても、今後再開する際には一人でも多くの会員の加行でご奉公をさせていただけたら有難いと思います。