HBS supports the SDGs ー誰ひとりとりのこさない未来のために私たちにできることー

【ポスター】誰ひとり取り残さない未来のために私たちができること

20159月、国連総会において「持続可能な開発目標(SDGs)」が採択されました。

2030年までに現在生きている人はもちろん、未来の世代までも含めて「誰ひとり取り残さない」という理念のもと、先進国・新興国の別なく、あらゆる国と地域が貧困や不平等、教育、環境など17の目標と169のターゲットの達成を目指すものです。

 

本門佛立宗は「浄仏国土」を掲げる宗団として「私たちの暮らす地球をよくしてゆく、そのために自分にできることを行っていく」ことが仏教の目指すものであり、ご信心に通じると考え、この目標に賛同いたしました。

本門佛立宗では、高祖日蓮大士ご降誕800年慶讃ご奉公にもSDGsの視点を取り入れ、立正安国、ご弘通、菩薩行との関連を考慮し、さまざまな活動・ご奉公によってSDGsへの貢献となるよう推進してまいります。