第6回 青少年の一座

はじめに

声をかけて、親友を増やそう

声をかけて、親友を増やそう

                        弘通局局長 植田日事

 

 ありがとうございます。

 来年(平成30年)に各支庁毎に奉修される第6回青少年の一座は、それぞれに奉修日と会場が決定しました。一体どのような内容になるのだろうと、楽しみにしております。

 

 本大会で目標としていることの1つに「00(ゼロ・ゼロ)運動」があります。

 つまり、「第6回青少年の一座」を奉修するまでに、①青年会のないお寺を0(ゼロ)にしよう。そして、②「青少年の一座」に参加しないお寺を0(ゼロ)にしようというものです。

さて、あなたのお寺は、いかがでしょうか?

 

 私が青年会に入会したキッカケ。それは、青年会長だった方からの声かけでした。当時、私はボーイスカウト活動にも励んでいたので、青年会との両立ができるものかと不安に思うところがありました。

ところが、その青年会長さんは「大丈夫。できるところからのご奉公でよいのだから…」とハードルを下げてくださったのです。

「そうか。それなら…」と入会を決意し、先輩会員の方々と一緒にご奉公させていただくようになったのです。

 

 もしかすると、あなたのまわりにも同じような青少年がいるかもしれません。「勉強が忙しくて…」、「クラブ活動があるから…」などなど。そういう障害や不安をどうしたら取ってあげることができるのか?

共に考え、一緒にご奉公させていただくことをお勧めしてはいかがでしょうか。

 

誰でも、初めから立派な青年会員はいません。しかし、あなたの一言が青少年の一座へのお参詣につながり、そこから青年会へ誘う大きな力を発揮し、やがて、立派な佛立信者に成長するキッカケになるかもしれないのです。

 

 どうぞ、一人でも多くの青少年に声をかけて差し上げ、そのことから各寺院に青年会が発足し、大勢のお参詣者でにぎわう「青少年の一座」になることを心より期待しております。合 掌