自宅の火災を通じて、不思議な御利益の数々を実感

倉敷・妙照寺 本郷美紀子さん

 

 一年前の二月七日早朝、私は自宅二階の寝室で熟睡していました。夢の中でガンガンという大きな音と、誰かが私の名を叫んでいる声を聞きました。私は目を覚まし、ガバッと起き上がると、いつもなら横に寝ているはずの夫の姿がありません。さっきの音と声は夢ではなかったのです。そう、夫が実際に外から叫んでいたのです。

 「何をしているんだろう?」

と思いながらも、下へ降りようと寝ぼけまなこのまま寝室のドアを開けました。すると目の前が真っ白なのです。何が何だか分からず、しばらくその辺をウロウロしていました。しかものどが痛いし、目も痛い。叫ぼうと思っても声が出ない……。少し時間がかかったもののそれが煙だとわかり、外の空気を吸うために一度寝室に戻って窓を開けました。その時、寝室の火災報知器が鳴り出したのです!

「火事です!火事です!」

ドキドキを抑えながら、その辺にころがっていたタオルを取って口に当て、

「母のところに行かなければ!」

と、這いながら廊下に出ました。我が家は、私が一人っ子のため二十二年前から私の両親と二世帯同居をさせてもらっていました。九年前に父が亡くなってから、母は認知症にかかってしまったのですが、徘徊することもなく、暴力暴言などもなかったので、自宅で介護をしていました。

母の部屋に行くには、階段を下りて我が家のダイニングキッチンを通り抜けなければなりません。転がるように階段を下り、キッチンのドアを開けようとしましたが、ドアのすりガラスの向こう側はすでに真っ赤な状態に…

 

続きを読む >>

 

池本良説 [ご利益談] 2020-03-17 20:44:00

カレンダー
«2020年8月»
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリー
アーカイブ
2020年
2019年
2018年
  • 2018年12月 (0)
  • 2018年11月 (0)
  • 2018年10月 (0)
  • 2018年09月 (0)
  • 2018年08月 (0)
  • 2018年07月 (0)
  • 2018年06月 (0)
  • 2018年05月 (0)
  • 2018年04月 (0)
  • 2018年03月 (0)
  • 2018年02月 (0)
  • 2018年01月 (0)
2017年
  • 2017年12月 (0)
  • 2017年11月 (0)
  • 2017年10月 (0)
  • 2017年09月 (0)
  • 2017年08月 (0)
  • 2017年07月 (0)
  • 2017年06月 (0)
  • 2017年05月 (0)
  • 2017年04月 (0)
  • 2017年03月 (0)
  • 2017年02月 (0)
  • 2017年01月 (0)
2016年
  • 2016年12月 (0)
  • 2016年11月 (0)
  • 2016年10月 (0)
  • 2016年09月 (0)
  • 2016年08月 (0)
  • 2016年07月 (0)
  • 2016年06月 (0)
  • 2016年05月 (0)
  • 2016年04月 (0)
  • 2016年03月 (0)
  • 2016年02月 (0)
  • 2016年01月 (0)
2015年
  • 2015年12月 (0)
  • 2015年11月 (0)
  • 2015年10月 (0)
  • 2015年09月 (0)
  • 2015年08月 (0)
  • 2015年07月 (0)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (0)
  • 2015年04月 (0)
  • 2015年03月 (0)
  • 2015年02月 (0)
  • 2015年01月 (0)
2014年
2013年
  • 2013年12月 (0)