梅仕事

毎年のことですが、法正寺では境内にある梅の実の収穫がこの時期に行われます。小田原といえば、「かまぼこ」「ちょうちん」「梅干し」が連想され、江戸時代から続く小田原地方の特産品として有名です。
そんな土地柄、境内にも梅の木が10本ほど植えられていて、この時期は梅の実の収穫が大事な作業として行われます。お寺のご供養用としてすぐに漬けますが、あとはご信者さんにお分けすることになっています。毎年楽しみにしています。
昨年は大豊作でしたが、昨年に剪定をしたので、今年は約100㎏と半分以下になってしまいました。来年以降がまたたくさん取れるでしょう。
いい天気で、作業もはかどりました。境内の「アジサイ」も見事な花をつけていました。

法正寺管理者 [その他] 2016-06-02 10:59:00

カレンダー
«2018年11月»
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
カテゴリー
アーカイブ
2018年
  • 2018年11月 (0)
  • 2018年10月 (1)
  • 2018年09月 (0)
  • 2018年08月 (0)
  • 2018年07月 (0)
  • 2018年06月 (0)
  • 2018年05月 (0)
  • 2018年04月 (0)
  • 2018年03月 (0)
  • 2018年02月 (1)
  • 2018年01月 (0)
2017年
2016年
  • 2016年12月 (0)
  • 2016年11月 (0)
  • 2016年10月 (0)
  • 2016年09月 (0)
  • 2016年08月 (0)
  • 2016年07月 (0)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (2)
  • 2016年04月 (0)
  • 2016年03月 (0)
  • 2016年02月 (0)
  • 2016年01月 (0)
2015年
2014年
2013年
  • 2013年12月 (0)